医事管理士とは?どんな仕事なの?試験概要・合格率・難易度について

医療事務 資格 医事管理士

医療事務 資格 医事管理士

この記事は「医事管理士がどんな資格なのか、どのように試験がおこなわれているのか」について解説します。

医事管理士の特徴

  • 教育指定校で科目の履修、単位の取得が受験資格となるため学生向け(一般受験はできない)の資格
  • 「医療管理・事務総論」「医療事務演習」「医学一般」「薬理概論」「情報処理」について学ぶことで医療事務の基礎が身につく
  • 将来的に医療・介護・福祉といった分野で働くことを目標とする学生にとって単位も資格も取れるカリキュラム

タップできるもくじ

医事管理士資格認定試験とは?

医事管理士は日本病院管理教育協会が実施する医療事務の民間資格です。

日本病院管理教育協会

昭和48年の創立以来、公益法人として医療・介護・福祉の分野で多数の人材を育成し、積極的に就労の支援をおこなっている団体です。全国15か所の教育指定校において資格取得のカリキュラムを実施しています。

医事管理士は将来的に医療、介護、福祉の分野で働くことを目標にする大学・短期大学、専門学校の学生向けの資格です。

  • ① 教育指定校において必要な科目を履修した者
  • ② 資格認定試験に合格し認定申請をおこなった者

に対して医事管理士の称号が与えられ、医療事務に必要とされる「診療報酬点数制度」「医療関連法規」「医療保険制度」などの知識を証明することができます。

 

大学なら4年間、短期大学・専門学校なら2年間でじっくりと医療事務に関する知識と技能を身につけることができます。

協会が指定する教育指定校の学生向けの資格

医事管理士は、協会が指定する教育指定校(大学・短期大学・専門学校)で医療事務管理に関する指定の科目を履修し、単位を取得することが受験資格となります。

医事管理士 履修科目

注意

医事管理士の資格は一般・社会人はもちろん独学でも取得はできないので注意してくださいね!

教育指定校で履修する科目は、

  • 医療管理・事務総論(医療法・医療保険制度・他関連法規を含む)
  • 医療事務演習(診療報酬請求事務の算定理論と実技)
  • 医学一般(医療事務に関する知識)
  • 薬理概論(医療事務に関する知識)
  • 情報処理(コンピュータ演習、コンピュータリテラシー)

の5科目。学生にとっては単位も資格も取得できる一石二鳥のカリキュラムですね。

医事管理士と医療情報事務士の違いは「履修科目」

同じ(財)日本病院管理教育協会が主催する資格に「医療情報事務士」があります。

2つの資格の違いは履修科目です。医事管理士には「薬理概論」の科目があり、より幅広い知識が求められます。

ただ、どちらの資格の取得を目指しても医療事務で重要となる診療報酬明細書(レセプト)作成についての知識と実技について学ぶことができるので安心してくださいね。

医事管理士 医療情報事務士
資格の概要
医療の事務処理をおこないつつ医療事務全般の管理をおこなう。医療事務および一般事務を把握し、事務処理能力やマネジメント能力を身につける。 患者さんが持参した被保険者証(保険証)を確認したうえで診療録(カルテ)を作成したり、診療報酬の点数算定など医療の事務処理をスムーズにおこなうための能力を身につける。
履修科目
  • 医療管理・事務総論(医療法・医療保険制度・他関連法規を含む)
  • 医療事務演習(診療報酬請求事務の算定理論と実技)
  • 医学一般(医療事務に関する知識)
  • 薬理概論(医療事務に関する知識)
  • 情報処理(コンピュータ演習、コンピュータリテラシー)
  • 医療管理・事務総論(医療法・医療保険制度・他関連法規を含む)
  • 医療事務演習(診療報酬請求事務の算定理論と実技)
  • 医学一般(医療事務に関する知識)
  • 情報処理(コンピュータ演習、コンピュータリテラシー)

医事管理士に合格するとどんな仕事ができる?

医事管理士は、教育指定校での履修科目を通して医療機関で働くための基礎知識を身につけることができます。

医事管理士としての業務は「受付業務」「請求業務」「クラーク業務」の大きく分けて3つになります。

また、医事管理士は医療機関での事務処理をおこないつつ、事務全般の管理をおこないます。

長期的なキャリアを考えると医療機関の医事課長や事務長へのステップアップが期待できる資格です。

医事管理士が目指せる大学・短大・専門学校の一覧

大学 教室 画像

東北地方
都道府県 学校名
岩手県 盛岡医療福祉専門学校
関東地方
都道府県 学校名
栃木県 國學院大学栃木短期大学
群馬県 桐生大学短期大学部
東京都 専門学校東京ビジネス外語カレッジ
中部・近畿地方
都道府県 学校名
愛知県 愛知みずほ短期大学
大阪府 大阪城南女子短期大学
羽衣国際大学
京都府 京都文教短期大学
兵庫県 湊川短期大学
園田学園女子大学短期大学部
中国・四国地方
都道府県 学校名
愛媛県 今治明徳短期大学
香川県 香川短期大学
九州・沖縄地方
都道府県 学校名
福岡県 近畿大学九州短期大学
精華女子短期大学
大分県 東九州短期大学
長崎県 長崎女子短期大学
沖縄県 沖縄女子短期大学

医事管理士の試験概要

マークシート 試験 画像

試験日と試験会場

試験は年度ごとに10月と12月の年2回。会場は教育指定校にて実施されます。

試験範囲と出題形式

試験範囲は教育指定校の履修科目に準拠して出題されます。日々の予習・復習が試験対策につながるので、きちんと授業に取り組みましょう。

試験範囲

  1. 医療管理・事務総論(医療法・医療保険制度・他関連法規を含む)
    医療管理学概論・医療事務総論・医療管理学・医療管理、医療秘書学・医療保険事務論・医療事務管理総論など
  2. 医療事務演習(診療報酬請求事務の算定理論と実技)
    秘書実務・医療保険請求・診療報酬事務演習・診療報酬実務・医療事務の実践講座・診療報酬請求事務など
  3. 医学一般(医療事務に関する知識)
    解剖学・医学一般・医学概論・身体構造と機能・人体の構造と機能など
  4. 薬理概論(医療事務に関する知識)
    薬理学・公衆衛生学・人間のからだと薬・薬剤一般・健康生活論など
  5. 情報処理
    情報処理論・医療情報処理演習・情報処理概論・コンピュータ演習・コンピュータリテラシーなど

合格基準と合格率

医事管理士は、授業の延長で受験する学生が多く、合格率は85%以上となり医療事務に関する資格のなかでも取りやすい資格のひとつ。

在学中に取得できる資格のため医事管理士をステップにして、さらに専門的な知識が必要となる診療報酬請求事務能力認定試験を目指すと将来に大きく役立ちます。

医事管理士
資格の区分 民間資格
主催団体 一般財団法人 日本病院管理教育協会
資格概要 診療各科・補助各科の情報を処理し料金化するなど、病院管理のための統計を行う医事課職員の資格
受験資格 教育指定校で受験資格規定科目を履修し、単位を取得した学生
受験科目
  • 医療管理・事務総論
  • 医療事務演習
  • 医学一般
  • 薬理概論
  • 情報処理

履修科目のなかから出題される。

実施時期 年2回(10月・12月)
受験料 5,000円
受験地 教育指定校にて
合格発表 試験終了2週間前後
その他 資格申請料として別途10,000円必要

医事管理士資格認定試験についてのまとめ

医事管理士は日本病院管理教育協会が指定する教育指定校に通学することを前提とした資格です。

将来的に医療や介護、福祉の業界で働くことを考えている高校生にとっては在学中に資格が取れる進学先として進路を決める一つの基準になるかもしれないですね。

ただ、社会人や主婦(主夫)にとっては、もう一度学校に通い直す必要があるので現実的ではありません。

医療事務の資格は知名度・信用度・実施規模の3つの観点から、

  • 診療報酬請求事務能力認定試験
  • 医療事務技能審査試験(メディカルクラーク)
  • 医療事務管理士技能認定試験

これらが医療事務のスタンダード資格です。また、初心者向けには「医療事務認定実務者」といった試験もあります。

医療事務は、自分の生活スタイルに合わせた働き方ができることから女性に人気の資格。仕事をしながらでも挑戦しやすく”あなたらしい働き方”を手に入れることができます。

いきなり通信講座に申し込むのは勇気がいるけれど、まずは資料請求から資格取得に向けた一歩を踏み出してみませんか?

詳しい資料がタダでもらえる♪ ⇒ こちらから

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

タップできるもくじ
閉じる